丁寧に歯磨きをしている人でも口に存在する細菌数はうんちの10万倍と言われています。

医者曰く、どんなに丁寧に磨いても0にする事は出来ないらしく、口とうんちでは比較対象にならないくらい菌がウジャウジャいるってことです!口臭はこの原因菌以外にも食べ物など様々な要因によって生じますが、口臭の大半はこの原因菌(嫌気性菌)の仕業です。

この嫌気性菌は口の中に食べかすや歯垢などエサがあっても、口内が乾いていなければ積極的に臭いを出すことはありません。今回はこの口臭の源である嫌気性菌についてまとめます。

口臭の原因菌は口の中にはどれだけ存在している?

正直この数字を見ても、桁が違いすぎるのであまり実感できません…

朝晩食後としっかり歯磨きしている人の口の中の細菌 : 1000~2000億個

朝晩歯磨きしている人の口の中の細菌 : 4000~6000億個

朝もしくは晩のみ歯磨きをする人の細菌 : 1兆個

ちなみに汚いイメージの『うんち』には1gあたり100万個。
口の中をグラム換算出来ないので同じ土俵で比較が出来ないですが圧倒的な差ですよね…

原因菌(細菌)ウジャウジャでも口が不潔というわけじゃない?

菌と呼べばみな同じに聞こえますが、その種類は全く違います。

口内には700種類以上の常在菌(常に口の中にいる細菌)
肛門には100種類以上の大腸菌

口の中に常に存在しており、無害の菌も多いですが増殖すれば虫歯や歯周病の原因となる菌もいます。大腸菌の多くは無害ですが食中毒でお馴染みO-157も大腸菌。これらは伝染します。

細菌数でいえば圧倒的に口の方が汚く感じますが口から移るものは肛門ほど多くありません。

これをベースに話をすると、もう汚いの定義すら危うくそもそも汚いってなんだっけ?と思えるレベルです。結局どっちも汚い事には変わりありません。笑

口内の常在菌には多くの嫌気性菌が存在します。

口臭の原因菌、嫌気性菌(けんきせいきん)とは?

嫌気性菌は酸素を嫌う細菌のことをいい、酸素がなくなると元気になり『揮発性硫黄化合物』という口臭の原因物質を生成し逆に言えば、酸素が十分だと活動出来ずに大人しいという事です。

この嫌気性菌は生まれつき持っている細菌で、成人の口の中には約700種類の菌がいると言われています。その種類は個人差があり、同じ口臭対策をしても口臭の強さが違うというわけです。

それぞれの嫌気性菌は病気の元になる可能性は低く、正常な口腔環境であれば問題になることはありません。嫌気性菌は、根が良いヤツですが一時の甘い誘惑に駆られ迷惑行為をすることもある未成年みたいなものです。

口内にいる口臭の原因菌(嫌気性菌)を殺菌したらどうなる?

細菌がウジャウジャいると聞いて最初に思いつくことは『全部殺菌しちゃえばいいじゃん!』ですよね?全部殺菌できれば、虫歯にもならないし歯周病にもならない。
口臭ともオサラバ!と行けばいいのですが…

口の中には確かに無数の細菌がいます。ただ、善玉菌・悪玉菌両方とも存在しています。

薬で一掃することができるなら楽なのですが、仮に一掃したとしてもどこからともなく口内に戻ってくるらしいです。善玉菌と悪玉菌をまとめて掃除してしまうので、一時的に免疫力が著しく低下し不調をきたすかもしれません。そして、薬への免疫を持ってパワーアップ!

原因菌がより強くなるので、対策がより困難になるという事です。

そこで登場する一番効果的な最強の殺菌剤『唾液』です。

唾液の持っている効果

唾液(ツバ)のイメージはおそらく汚いものという方が強いですが、人のカラダにとってはもっとも有効的なバリアなんです。

洗浄作用

口に残った食べカスや細菌たちを、唾液の水分がキレイに洗い流します。

抗菌作用

子供の頃に転んでスリキズを負った時、親に「ツバつけておきな!」と言われた記憶ないですか?正常な唾液にはマキロンなみの抗菌作用があります。

中和作用

人の口の中は正常な状態だと中性で食事などで酸性になります。そして歯はpH5.5以下になると溶け始め、酸性状態が約20分続くと中性に戻るまで60分必要らしいです。

口臭の原因菌となる歯周病菌もほとんどの人の口内にいる!

意外と知られていないようですが、ほとんどの人の口内に歯周病菌が存在します。

誰でも歯周病になる可能性はあるものの、歯周病は特定の条件が揃う事で初めて発症するので、仮に歯周病の人とキスをしても移る可能性は限りなく低いと言えます。

歯周病を発症する最低条件


以下の条件が揃うと、歯周病リスクは格段に上昇します。

  • 歯磨きが行き届いておらず歯石等が残って汚い
  • 口が乾き嫌気性菌が活動しやすい口内環境になる
  • 歯周ポケットの深さが5mm程度になる

歯周ポケットは歯垢や歯石が出来ることによって、深くなると言われているので歯磨きをしっかりと行い歯医者で歯石取りを定期的に行っていれば深くなることを避けられます。

最終的には細菌同士の戦いですので生活習慣が整っていて、健康的な免疫状態であれば大半の場合は歯肉炎止まりです。歯周病菌の増殖を回避できるでしょう。

まとめ

口臭の原因は口の中にいる原因菌(嫌気性菌)です。口内は便よりも細菌が多く、虫歯菌・歯周病菌など様々な悪玉菌が存在しています。

これらの嫌気性菌は口の中の歯垢などを栄養に行動しますが、口が乾いてさえいなければ口臭は防ぐことが出来ます!そして、これら嫌気性菌の行動を抑制する最強のバリアが唾液。正常な唾液はまさに天然の除菌剤。

唾液をコントロールさえできれば、口臭だけじゃなく虫歯や歯周病でさえも防ぐことが出来るんです!生活習慣の乱れを正し、健康な毎日を送りましょう♪