最初は「○○○ちゃん、クチャいですちゅね~」という感じで、我が子のクサさを楽しんでいるかもしれませんがあまり長く続くと不安になりますよね。

母乳やミルク以外、口にしていないのに急に母乳(ミルク)以外の臭いがする…
なんだか「酸っぱい」「カビ臭い」「生臭い」など呼吸から嗅ぎ取れる臭いは異変のサインで『何か重大な病気なんじゃないか?』という疑問すら頭を過ります…

ですが、小さな子供でも口臭が出てくるのは自然なことです。赤ちゃんであっても同様です。ただ、病気の可能性が0というわけではありません。親として喋れない我が子が出しているサインをしっかりと見極めてあげましょう!

この記事では気になる赤ちゃんの口臭原因や改善方法についてまとめています。

赤ちゃんの口臭が悪臭に感じるのはなぜ?

口臭は大人の悩みと思っていたかもしれませんが、それは乳飲み子の赤ちゃんでも同様。でも口臭がクサいからと言って、過度な不安を感じる必要はありません!

今感じている臭いの8割は舌の汚れと便秘が原因だからです。歯も生えていないし母乳(ミルク)以外、口にもしていないのに吐息にニオイを感じることは決して珍しくありません。

赤ちゃんの吐息が臭い3つの原因

赤ちゃんの口臭は何種類か原因があります。気になる口臭には原因を解消する必要があります。

冒頭にも書きましたが、赤ちゃんは喋れないので具合が悪くなっても泣く事しかできません。そこで役に立つのがニオイです。我が子の健康を維持するためにも、日ごろからしっかりと変化をチェックし場合によっては早めの対処が必要です。

あまりにも泣き止まないので熱を計ってみたら高熱だった…なんていう経験があるはずです。

生ゴミ臭いニオイを感じたら、舌や歯の汚れが原因!

歯が生えていない赤ちゃんは、舌に残っているミルク(母乳)が原因です。
大人の口臭原因の1つである舌苔です。(画像のように白くなります)

乳歯がある赤ちゃんの場合は、歯に残った離乳食やミルク(母乳)の残りカスが原因。
口の中で細菌が増えることにより、舌や歯に残ったカスを栄養にして活性化。これによっていやな臭いが発生します。歯についたカスは、虫歯の原因にもなるので注意しましょう。

これが原因の場合には、赤ちゃんの口から『生ゴミ臭いニオイ』を感じるでしょう。

歯や舌など口の中を清潔にする方法

赤ちゃんの舌は大人と違って非常に傷つきやすいです。舌用ブラシが販売されていますが、硬いモノが多いので清潔なガーゼやコットンで軽く拭いてあげましょう。

舌が白いからと言って、必要以上にゴシゴシとやると正常な環境を保つために必要な細菌まで減らしてしまいますので注意が必要です。

何かが腐ったような腐敗臭は、風邪や鼻炎、蓄膿症による口の乾燥が原因!

赤ちゃんは風邪や鼻炎などで鼻が詰まったとき、自分で鼻水を出すことができないので自然と口呼吸になります。

口呼吸になると口が乾燥し、唾液の分泌が減り細菌が増殖。唾液には口臭の原因となる細菌を減らす役割があるので、唾液が減ってしまうとこの役割を果たせなくなります。蓄膿症にかかった場合には、口の乾燥とともに鼻腔に溜まった膿の強烈な臭いも感じるでしょう。

これが原因の場合には、赤ちゃんの口から『何かが腐ったようなニオイ』を感じるでしょう。

鼻詰まりの解消方法

どんな方法がいいかは鼻水の種類によりますが、道具を使うなら綿棒や吸入器があります。

他には、ゆっくりとお風呂にいれさせ体を温めて鼻水を出しやすくする。部屋が乾燥しないように加湿器を使うなどがあります。
私はお風呂で体を温めた後に吸入器で鼻水をとるという方法をよくやっていました。

ネットで自分の口で鼻水を吸い込むという方法が紹介されていましたが、加減がわからずなにか違うものまで吸いだしそうな気がしたのでできませんでした。

対応しきれない場合は、耳鼻科に行き診察を受けたほうがよいでしょう。

また水分が不足すると口の乾燥にもつながりますので、母乳(ミルク)の量をしっかりと飲んでいるのかを確認し、必要であれば水やお茶を飲ませることも必要です。水分をしっかりと補給することは、次の便秘解消にもつながります。

アデノイド肥大にご注意を!

赤ちゃんには可能性が低いですが、子供がかかりやすい病気として『アデノイド肥大』というものがあります。喉と鼻の中間にあるリンパでアデノイドという部分があり、ここが肥大化してしまうと、鼻の呼吸が難しくなります。次第に口呼吸が増え口が乾くことで口臭につながります。

重度のアデノイド肥大は、睡眠時の酸素不足につながるため脳にダメージを負う可能性があり、急性心不全のリスクが高くなります。病院でアデノイド肥大と診断された場合、抗炎症剤や点鼻薬で治療をしますが、重度の場合(合併症がある)切除する必要もあります。

アデノイド肥大はいびき睡眠時無呼吸症候群中耳炎軽度難聴という他の症状が確認できるでしょう。2歳~8歳くらいがもっとも発症しやすいと言われ、成長とともに小さくなるのであまり神経質になる必要はありません。

気になる症状があれば、早めに診察を受けましょう。

うんち臭い・酸っぱい・ヨーグルトっぽい臭いは、便秘が原因!

赤ちゃんでも便秘になります。ただ、ウンチの臭いが直接逆流して口から出てくるわけではありません。ウンチが腸内に溜まってしまうと臭いの元となるガスが発生し血液に吸収されることで呼吸となって出てくるのです。

これが原因の場合には、赤ちゃんの口から『ウンチ臭いニオイ』を感じるでしょう。
場合によっては『酸っぱい』と感じるかもしれません。

私はおむつ交換の際に感じた、ヨーグルトっぽい臭いが一番近いと思います。

あかちゃんの便秘解消方法

赤ちゃんは自分で体を動かすことができないので、おなかをやさしくマッサージをしたり、足を持って股関節をやさしく動かしてあげるのが有効です。
以下の動画を参考に、定期的なマッサージをおススメします。

リンゴが腐ったような甘い臭いは、新生児糖尿病が原因かも…

口臭が症状としてある病気の代表は糖尿病。他に尿毒症など聞きなれない病名ですが、健康な状態で生まれた赤ちゃんが内臓疾患による口臭を出すことはほとんどありません。

ただ、遺伝的な要因もあり可能性は0ではありません。新生児糖尿病には一過性の元と治らないものがありますので、リンゴを食べていないのにリンゴっぽい臭いを感じたなら早く病院へ行き的確な処置を始めましょう。

他の病気で赤ちゃんの口臭につながるものと言えば、風邪、扁桃炎、蓄膿症、鼻炎、副鼻腔炎です。いずれの場合も、病院で受診し早期治療をしてあげましょう!

まとめ

子供が赤ちゃんの頃は、顔を近づける機会が非常に多いのでニオイに敏感な方は気になるかもしれませんがほとんどの場合、病気などを疑う必要はありません。

気になる口臭は大概の場合、口が汚いことが原因です。

睡眠不足などの赤ちゃんにとってストレスを与えないようにしながら、清潔を心がけることで気になる臭いは解消できるでしょう。初めての子育ては色々不安を感じるものですがあまり、「どうしよう…」という不安に駆られ続けるとあなたの体調も崩す結果になるかもしれません!

もっとも大切なことは、日々我が子の状態をチェックし異変を察知することです。